スマホを使って代金を払う?携帯キャリア決済とは

携帯電話会社が代金を立て替えてくれるサービス

決済代行会社で利用できる決済手段には携帯キャリア決済と呼ばれるものがあります。キャリア決済の特徴は携帯電話会社を通じて代金を支払えるという点です。スマホはメールやsnsの送受信ぐらいでしか使わないという中高年にとって、携帯で料金を払うというのはピンとこないかもしれませんが、かなり以前から携帯電話会社は独自に決済システムを取り入れています。たとえば、J-POPなどの音楽をダウンロードして着メロにするというサービスがありますが、曲のダウンロードには当然お金がかかります。しかし、払うごとにクレジットカード番号を入力するのでは大変です。しかし、携帯キャリア決済を使えば携帯電話会社が一時的に曲のダウンロードに必要なお金を立て替えてくれるので、後日、携帯電話料金と一緒に支払えばいいのです。

クレジットカードを持ってなくても後払いが可能

携帯キャリア決済で支払うメリットはいろいろありますが、たとえばクレジットカードを使わなくても実質的に後払いできるということが挙げられるでしょう。ある程度、値の張ったものは現金で購入するのをためらうことが少なくありませんが、後払いであればすぐに手持ちの現金がなくなることはないので心理的に買いやすくなります。また、物を買ったことが家族にばれにくいというのもメリットです。クレジットカード決済を使うとカード会社から明細が送られてくるので家族の目にとまりやすくなってしまいますが、携帯キャリア決済ならいつものように携帯電話会社から明細書が送られてくるだけなので、家族の目をごまかすことができます。

掛け売りで未回収リスクが心配など債権が未回収の会社に代わってその悩みを解決するためにクレジット会社が決済代行をします。